知立市谷田町で動物病院をお探しの方はかとう動物病院まで

  • アーカイブ

  • カテゴリー

猫のひも状異物の誤食

2020年1月10日

異物を誤食して動物病院に来院されるケースはたびたびありますが、特に注意していただきたいのがひも状の異物です。

ひも状の異物は舌の付け根や胃の出口などに引っかかると、腸管がひもによってたぐり寄せられた状態になり、ひどいと穴があいてしまいます。

おしりからひも状の物が出ているときは絶対に無理やりひっぱてはいけません。

診断は問診、レントゲン、特徴的な超音波画像所見からおこないます。

治療は基本的に手術で異物を取り出すことになります。

エコー検査ではグニャグニャによじれた腸がみられます。

開腹してみると、腸が紐によってたぐり寄せられています。

摘出されたのはタコ糸でした。

猫たちはひも状の物を口にするのが大好きですので、

誤食しないように注意してあげてください。

 
▲ページトップ